継続の旦那が嫁にいらっしゃるまでのストレスと危険について

私の奥様は最初人っ子でした、そして早くに父母を亡くした旦那は先祖から受け継いだうち、グラウンド、建物などを授受して管理していました。
そういう旦那と俺は結婚式を前提に付き合っていて、旦那もそれを了承してくれていました。
しかし具体的な話になってきた場合難点が色々と起きます。
お墓の統制はどうするるのか、うちの統制は、建物の統制は。旦那の親族は誰も近くにはいません。
そっちなので遠方の私のところへ嫁ぐのはとても大変なことだったのです。
旦那も私もいっぱい話し合いましたがいい解決プランは見当たりませんでした。
そのうち旦那の方から、やっぱり結婚式はできない。こういう辺り、グラウンドを去ることは出来ないんだよ。と分かれを話しられました。
しかし俺はそういうガイドブック人の心構えではなく、周りの環境から結婚式できないなんて到底コンセンサス出来ない。と言いました。
旦那とも贔屓合っていてわかれるなんてとても我慢できませんでした。
旦那からそのことを言い渡されてからも俺は諦めず、解決プランをひたすら見い出しました。しかしありません。どうしても旦那の先祖には申し訳ない実例になる。
俺はどんなに考えても無理だけど、それでもとても諦めきれないし、オススメスポットだと旦那に広めると。旦那もおんなじ気持だと言ってくれました。
そして今回私の奥様となりました。遠く離れたグラウンドまで嫁いできてくれました。
お墓の統制やらうちの統制、建物の統制も二人で力を合わせて完璧には出来ないものの遠方から出向いて、二人で出来る限りのことをやっています。
結婚式とは贔屓だけじゃ出来ないとおっしゃることもありましたが、どんな妨害も贔屓という、一緒にいたいという気持ちを仕切ることは出来ないのだと俺は胸を張って言いたいだ。女性のヒゲは脱毛で解決しよう

自由になりたくてビジネスを離れる事は失敗なのか?

カレッジを卒業してからずっと人前人だった。ただひたすら働いて金を買う。
きっとそういった日毎がずっと貫くんだろうなって思ってた。
30料金に入ったうちからあとあとを企てる期間が圧倒的に増えてきた。
旦那とのウェディングもそうだし就業のことも。
就業自体は嫌いではなかったし結婚して子供ができても何かしら仕事をしていたいなとは考えていた。
あんなある日、就業でミスをした。正確には僕個人では無く部署総合が恐ろしい状況に追い込まれた。
マネージャーがまずくびになった。それから辞めて行く人も出てきた。
その時の事務所の態度は立ち去るやり方追わず、、、働き手なんて変わるやり方、、、。
そんな感じだった。
就業ってなんだろう、一所懸命働いてディスポーザブルされて私の人生っていったい何。
きつく考えさせられるイベントだった。このまま誰かに使われて取りやめる人いのちなのか自分で自分の赤い糸は上げる人いのちなのか決断しなければいけない内が来た。
開業決める!ベストフレンドが例可愛らしくさっそってくれた。
その頃の僕には金が無くなる迷いなどなかった。自由を手に入れたくてそのことを考えると母乳が高鳴った。
自分の自由に使える期間。金にたよらない経済的自由。誰にもとらわれない自由。
自由を手に入れるために僕は会社を辞めた。闇金の無料相談をお願いしたい。